タグ別アーカイブ: ダイエット

食事の回数とダイエットの関係性

こんにちは!

アイズトータルボディステーション姪浜院です。

今回は、食事ダイエットの関係性について話していきます。

ダイエットをする際に、食事の摂り方に食事回数を増やすという方法があります。食事回数を増やすと、カロリーオーバーで太ると思われがちですが
一日の食事量を増やすわけではなく、普段の食事量をいつもより小刻みに食べることで食欲を抑制し暴食予防 空腹によるストレスの予防など痩せやすい身体づくりをサポートをするメリットがあります。

食事の回数を増やすと、いくつかの効果が得られます。
まず一つ目が体脂肪蓄積の抑制です。
食事を摂る際に、インスリンというホルモンが分泌されます。そのインスリンが体脂肪を蓄積する要因になるため、空腹の状態で食事を一気に摂取すると血糖値が急上昇し、インスリンの分泌が多くなり、太りやすくなります。
そこで食事の間隔で狭くして、空腹の状態を防ぎ、血糖値の上昇を抑えて体脂肪の蓄積を防ぎます。

もう一つが筋力の維持です。
ダイエット中の摂取カロリーを少なくすると、体脂肪の減少と共に筋肉量の減少も進みます。リバウンドが起こるのはこの筋肉量の低下によって、基礎代謝が低下し、太りやすい身体になってしまうことが原因の一つになります。
そのため、ダイエット中は筋肉量をできる限り落とさないことが重要となります。空腹になると、身体は脂肪より先に筋肉を分解して、エネルギーを生み出します。食事を分割することで、エネルギー消費による筋肉の分解を防ぐと共に体内で筋肉に必要なタンパク質をこまめに摂取することが可能となります。そのため、筋肉量を維持することが可能となります。

食事の回数の目安として、三食摂るのが一般的ですが四回から五回に回数を増やし、食事を約四時間おきに摂取するようにしましょう。自分のライフスタイルに合わせ、食事回数を調整し、食事量が増えないように心がけていきましょう。

食事のアドバイスはもちろん、トレーニング指導もしているのでぜひアイズトータルボディステーション姪浜院へお立ち寄りください。お待ちしております。

ウエストを細くしたいなら腹筋だけではなく○○ 

こんにちは!!

アイズトータルボディステーション姪浜院です☺

今回は、ウエストを細くする方法について話していきます。
まず、お腹周りに脂肪がつきやすい理由が2つあります。
1つ目が、お酒をたくさん飲む人に多い内臓脂肪
お腹の脂肪は、皮下脂肪だけでなく、内臓周りにつく内臓脂肪が存在するため、お腹に脂肪はつきやすいです。
もう1つは姿勢による影響
反り腰や猫背だと、筋肉をうまく使えないため、脂肪がつきやすくなります。

お腹周りの脂肪を燃やすためのトレーニングとして欠かせないのが、スクワットです。スクワットが必要な理由として2つの理由があります。
1つ目が消費エネルギーが多いことです。
下半身には体全体の約7割の筋肉が集まっています。そのため、脂肪を燃やすなら下半身の筋肉を効果的に鍛えられるスクワットが不可欠となります。
2つ目が成長ホルモンの分泌が高いことです。
筋力トレーニングをして、筋肉が傷つくとそれを修復しようとして成長ホルモンが分泌され、成長ホルモンが筋肉量を増やし、基礎代謝を上げることによって脂肪燃焼効果が期待されます。

スクワットがお腹痩せに効果があるトレーニングだというのは意外だと思いますが、理屈が分かれば納得できるかと思います。
まずは週1の10回✕3setを目標に頑張ってみましょう。それから少しずつ運動習慣をつけて健康な身体作りを目指しましょう!!

そして他のトレーニングをしたい方、もっと追い込みたい方は是非アイズスポーツへご来店ください!お待ちしております!!

 

ダイエットのメリット・デメリット

こんにちは!
アイズトータルボディステーション姪浜院です。

今回はダイエットのメリットとデメリットについて話していきます。
ダイエットすることによって

●見た目が変化する
●着たい服を着れるようになる
●健康的な生活習慣を身に着けることができる
●暴飲暴食をしないようになる

などのメリットがあります。
逆に過度な運動や食事制限によるストレスから暴飲暴食によるリバウンドが起こり健康状態が悪化するなどのデメリットも。。

まずはいきなりハードな運動や食事制限をするより、自分自身が継続できる頻度で運動や食事制限を行いましょう!
ダイエットについて知りたい方は、ぜひアイズトータルボディステーションへお越しください😊

【お知らせ】

8月の営業につきましては、毎週木曜日の店休日に加え、誠に勝手ながら13日(土)~15日(月)までの三日間お休みさせて頂きます。ご理解の程、宜しくお願い致します。その他の営業日については、通常営業になります。

 

ダイエット中も朝ご飯は必要!?

こんにちは♪
アイズトータルボディステーション姪浜院です。

今回は、朝ご飯の必要性について話していきます。
多くの人が時間がない、お腹が空かないなどの理由から朝ご飯を抜いてしまいがちですが、朝ご飯はしっかり食べる必要があります。

朝ご飯を抜いてしまうと、食事回数が減り、1回当たりの食事量が増えてしまい、早食いや食べすぎにつながります。また、空腹の状態でお昼ご飯を食べると血糖値が急上昇し、血糖値を下げようとインスリンが過剰に分泌され、糖を脂肪として蓄積してしまいます。
そのため、体脂肪が増加し、肥満になる可能性があり、高血圧や糖尿病などの生活習慣病につながる恐れもあります。

3食のうち、1食抜くことでダイエットになりそうですが、正反対の結果になってしまうので、健康のためにも朝ご飯は食べましょう!!

お酒と筋トレ

こんにちは☺
アイズトータルボディーステーション姪浜院です。

今回は、筋力トレーニングとお酒の関係についてお話をしていきます。
筋力トレーニング後のビールなどのお酒を楽しみにトレーニングを頑張っている人も多いのではないでしょうか?
しかし、お酒はせっかくのトレーニング効果を台無しにしてしまう可能性があります。
アルコールの摂取によって分泌される「コルチゾール」というホルモンは
血糖値をコントロールする働きがあります。
このコルチゾールにはエネルギー源である糖を生み出すために
筋肉の分解を促進させてしまう作用もあり、筋肉の分解は筋肉量の低下につながりやすくなります。
筋肉量の低下は、基礎代謝の低下につながるのでダイエットや筋力アップがしづらくなります。
お酒の量を少しずつ抑えて、理想の身体を目指していきましょう!

ダイエットにオススメなのは?

連日、猛暑日が続くと、夏バテで食欲不振に
なったり、夏で肌が露出してくるのと同時に
ダイエットを頑張ろうとしている方が
沢山いらっしゃると思います。

ダイエットの為に炭水化物を抜いてダイエットをする方も
いらっしゃいますが
炭水化物を抜いてしまうと太る原因になってしまいます。

炭水化物とは糖質と食物繊維を合わせたものをいいます。
糖質は脂質とタンパク質と並ぶ三大栄養素で
人が活動するには欠かせません。

糖質を摂らないと体がエネルギー不足を感じて飢餓状態になります。
飢餓状態になると普段よりも脂肪を溜め込もうとして
太りやすくなり、体重のリバウンドを引き起こします。

さらに糖質は筋肉を動かすエネルギーとして使われ
不足すると筋肉が分解して体脂肪率が増えて、
体型を維持できなくなり、基礎代謝が落ちるので
痩せづらい体質の身体を作ってしまいがちです。

理想の体型に近づける為には
適切な運動を行いながら適切な食事を摂ることが大切です。

(何を食べていいか分からない)
(毎日、お弁当を作るのが面倒くさい)など
あるかと思いますが

現在、ダイエット弁当を5種類1セットを20%OFFで販売しております!
(今後、もう2種類増えます!)
アイズダイエット弁当は全メニューが1食400Kcal以下
タンパク質30g以上など全体の栄養バランスも考えられており
調理済みの食事が冷凍状態で温めるだけですぐに食べることが出来ます。

適切な運動はパーソナルで
食事はダイエット弁当で
身体のケアはコンディショニングでと
様々なアプローチをしていきますので
分からない事や体験トレーニングを体験してみたい方は
気軽にご相談ください。