整骨院

ミネラルについて

こんにちは!アイズトータルボディステーション姪浜院です。
今回は、ミネラルについて話していきます。

ミネラルとは?

ミネラルとは、身体を構成している元素のひとつであり、身体にとって重要な役割を担っている栄養素のひとつになります。

身体に必要不可欠な「必須ミネラル」には16種類のミネラルがあり、
その中で7種類の多量ミネラル9種類の微量ミネラルに分類されます。

多量ミネラルの種類と1日の摂取量の目安

多量ミネラルの1日の摂取量の目安として、100mg以上と言われており、
以下の7種類があります。

・ナトリウム・・・水分バランスの保持、筋肉の収縮、神経の情報伝達など

・カリウム・・・体液の浸透圧調整、筋肉の収縮、神経伝達の補助

・カルシウム・・・骨や歯の構成、血液凝固に関与、筋収縮の関与

・マグネシウム・・・血圧の調整、体内のほぼすべての酵素反応の関与など

・リン・・・核酸のリン脂質の構成、エネルギー代謝や貯蔵に関与など

・硫黄・・・髪の毛や皮膚、爪などのたんぱく質を合成

・塩素・・・体液の浸透圧の維持や消化をサポート

微量ミネラルの種類と1日の摂取量の目安

微量ミネラルの1日の摂取量の目安として、100mg未満と言われており、
以下の9種類があります。

・鉄・・・赤血球の一部として血液中の酸素を運搬

・亜鉛・・・酵素の構成や酵素反応の活性化、ホルモンの合成や分泌の調整など

・銅・・・酵素の構成や神経伝達物質の産生など

・マンガン・・・酵素の構成や骨や関節をつくる

・ヨウ素・・・甲状腺ホルモンの構成や成長促進など

・セレン・・・四肢の筋肉痛や筋力低下や爪の白色化など

・クロン・・・糖・脂質代謝の維持に関与

・モリブデン・・・酵素の構成や肝臓や腎臓で老廃物を分解する

・コバルト・・・ビタミンB21の構成や赤血球に含まれるヘモグロビンの生成など

以上のミネラルには、それぞれ役割があり、不足すると脱水症状、食欲不振、不整脈、骨粗鬆症などの症状が起こる可能性があります。

ミネラルを多く摂取できる食品

ミネラルを多く摂取できる食品には、グレープフルーツ、ヨーグルト、赤身の肉、ナッツ、野菜などがあるので、これらを食事の中に取り入れ、健康的な身体を目指していきましょう!!

質問やお問い合わせしたい方は、ぜひアイズトータルボディステーションへお気軽にお立ち寄りください。

ビタミンの必要性について

こんにちは!

アイズトータルボディステーション姪浜院です。

今回はビタミンについてお話していきます。

なぜ、ビタミンの話をするかというと。。
ビタミンは生きていくうえで重要な栄養素なんですが
ビタミンが不足していることって意外と気づかないんです。

ではビタミンが不足しているとどうなるのか
・肌荒れする
・ストレスを感じやすくなる
・疲れやすくなる

こういった症状が出てきます。
最近こんな症状が続いている方はこのブログぜひ見てください!

ビタミンとは、エネルギー産生栄養素である糖質、脂質、タンパク質の代謝を円滑に進めてくれる働きがあります。身体に必要な量はわずかですが、体内でビタミンを合成できない、あるいは必要量を合成できないため、食品から摂取しなければなりません。

ビタミンには、13種類あります。その中で、水溶性と脂溶性の2つに分けられます。脂溶性ビタミンを過剰に摂取すると、体内に蓄積され、過剰症を引き起こす可能性があるため、注意が必要です。水溶性ビタミンは、水に溶けやすい性質で過剰に摂取した場合でも、尿として排出されますが、摂取量が少ないと欠乏症を引き起こす可能性があります。

脂溶性ビタミン(ビタミンA、ビタミンD、ビタミンE、ビタミンK)を摂取するには、以下の食材を摂る必要があります。

ビタミンA・・・豚レバー、鶏レバー、ウナギ、ニンジン、ホウレンソウなど

ビタミンD・・・サケ、サンマ、ブリ、キノコ類、タマゴなど

ビタミンE・・・西洋カボチャ、ウナギの蒲焼き、めかじき、アーモンドなど

ビタミンK・・・納豆、ホウレンソウ、小松菜、ブロッコリー、鶏肉など

水溶性ビタミン(ビタミンB1、ビタミンB2、ビタミンB6、ビタミンB12、ナイアシン、パントテン酸、葉酸、ビオチン、ビタミンC)を摂取するには、以下の食材を摂る必要があります。

ビタミンB1・・・豚肉、ウナギ、サケ、玄米など

ビタミンB2・・・レバー、ウナギ、ブリ、納豆、牛乳など

ビタミンB6・・・豚ひれ肉、ビンナガマグロ、バナナ、玄米、サツマイモなど

ビタミンB12・・・魚貝類、レバーなど

ナイアシン・・・玄米、落花生、鶏むね肉、かつお、マグロなど

パントテン酸・・・レバー、鶏むね肉、納豆、玄米、アボカドなど

葉酸・・・レバー、枝豆、ホウレンソウ、ブロッコリー、グリーンアスパラガス

ビオチン・・・レバー、鶏卵、落花生、アーモンド、ブロッコリー、納豆など

ビタミンC・・・サラダ、カットフルーツなど

ビタミンは身体の中で様々な働きをしています。各ビタミンは栄養バランスが整った食事をしていると不足しにくいですが、無理な食事制限などが原因で栄養バランスが偏り、ビタミンが不足してしまいがちなので、栄養バランスを考えながら食事を摂るようにしていきましょう!

運動をしてる人に積極的に取ってほしいビタミン!
なんてのもあるんです。

アイズトータルボディステーションでは、トレーニングのほかに食事のアドバイスも行っております。お気軽にお立ち寄りください。

脂質の必要性について

こんにちは!アイズトータルボディステーション姪浜院です。

今回は脂質について話していきます。

糖質は身体に欠かせない栄養素

脂質は三大栄養素の一つで炭水化物、タンパク質の三つで構成されており、私たちの身体にとって欠かせない栄養素です。
しかし、脂質を摂りすぎてしまうと肥満の原因になるため注意が必要です。

糖質の役割

脂質の役割として重要なエネルギー源だけではなく、ホルモンや細胞膜の構成、皮下脂肪として臓器を保護したり、身体を寒冷から守る働きがあります。
食事量が少なくなり、脂質の摂取量が不足すると、エネルギーが不足して疲れやすくなったり、身体の免疫力が低下する可能性があります。
また、脂質と共に吸収される脂溶性ビタミンが吸収されにくくなり、ビタミン欠乏になるリスクもあります。

糖質を摂れる食材

脂質を摂る場合、良質な脂質を摂るように心がけましょう。
良質な脂質はそうでない脂質と違いエネルギーとして消費されやすく、悪玉コレステロールを増やさず、中性脂肪を減らす働きがあるので太りにくいのが特徴です。
良質な脂質を摂れる食材として、ナッツオリーブオイル魚介類アボカドなどをカロリーに気をつけながら摂っていきましょう。

アイズ弁当 販売中!!!

アイズトータルボディステーションで販売しているアイズ弁当は、総カロリー数が399キロカロリー以下、脂質が10グラム以下になっています。
ダイエットしたい方や脂質を抑えた食事を摂りたい方にオススメです。

是非、お店までお越しください。

ダイエットのメリット・デメリット

こんにちは!
アイズトータルボディステーション姪浜院です。

今回はダイエットのメリットとデメリットについて話していきます。
ダイエットすることによって

●見た目が変化する
●着たい服を着れるようになる
●健康的な生活習慣を身に着けることができる
●暴飲暴食をしないようになる

などのメリットがあります。
逆に過度な運動や食事制限によるストレスから暴飲暴食によるリバウンドが起こり健康状態が悪化するなどのデメリットも。。

まずはいきなりハードな運動や食事制限をするより、自分自身が継続できる頻度で運動や食事制限を行いましょう!
ダイエットについて知りたい方は、ぜひアイズトータルボディステーションへお越しください😊

【お知らせ】

8月の営業につきましては、毎週木曜日の店休日に加え、誠に勝手ながら13日(土)~15日(月)までの三日間お休みさせて頂きます。ご理解の程、宜しくお願い致します。その他の営業日については、通常営業になります。

 

ダイエット中も朝ご飯は必要!?

こんにちは♪
アイズトータルボディステーション姪浜院です。

今回は、朝ご飯の必要性について話していきます。
多くの人が時間がない、お腹が空かないなどの理由から朝ご飯を抜いてしまいがちですが、朝ご飯はしっかり食べる必要があります。

朝ご飯を抜いてしまうと、食事回数が減り、1回当たりの食事量が増えてしまい、早食いや食べすぎにつながります。また、空腹の状態でお昼ご飯を食べると血糖値が急上昇し、血糖値を下げようとインスリンが過剰に分泌され、糖を脂肪として蓄積してしまいます。
そのため、体脂肪が増加し、肥満になる可能性があり、高血圧や糖尿病などの生活習慣病につながる恐れもあります。

3食のうち、1食抜くことでダイエットになりそうですが、正反対の結果になってしまうので、健康のためにも朝ご飯は食べましょう!!

お酒と筋トレ

こんにちは☺
アイズトータルボディーステーション姪浜院です。

今回は、筋力トレーニングとお酒の関係についてお話をしていきます。
筋力トレーニング後のビールなどのお酒を楽しみにトレーニングを頑張っている人も多いのではないでしょうか?
しかし、お酒はせっかくのトレーニング効果を台無しにしてしまう可能性があります。
アルコールの摂取によって分泌される「コルチゾール」というホルモンは
血糖値をコントロールする働きがあります。
このコルチゾールにはエネルギー源である糖を生み出すために
筋肉の分解を促進させてしまう作用もあり、筋肉の分解は筋肉量の低下につながりやすくなります。
筋肉量の低下は、基礎代謝の低下につながるのでダイエットや筋力アップがしづらくなります。
お酒の量を少しずつ抑えて、理想の身体を目指していきましょう!

ダイエットにオススメなのは?

連日、猛暑日が続くと、夏バテで食欲不振に
なったり、夏で肌が露出してくるのと同時に
ダイエットを頑張ろうとしている方が
沢山いらっしゃると思います。

ダイエットの為に炭水化物を抜いてダイエットをする方も
いらっしゃいますが
炭水化物を抜いてしまうと太る原因になってしまいます。

炭水化物とは糖質と食物繊維を合わせたものをいいます。
糖質は脂質とタンパク質と並ぶ三大栄養素で
人が活動するには欠かせません。

糖質を摂らないと体がエネルギー不足を感じて飢餓状態になります。
飢餓状態になると普段よりも脂肪を溜め込もうとして
太りやすくなり、体重のリバウンドを引き起こします。

さらに糖質は筋肉を動かすエネルギーとして使われ
不足すると筋肉が分解して体脂肪率が増えて、
体型を維持できなくなり、基礎代謝が落ちるので
痩せづらい体質の身体を作ってしまいがちです。

理想の体型に近づける為には
適切な運動を行いながら適切な食事を摂ることが大切です。

(何を食べていいか分からない)
(毎日、お弁当を作るのが面倒くさい)など
あるかと思いますが

現在、ダイエット弁当を5種類1セットを20%OFFで販売しております!
(今後、もう2種類増えます!)
アイズダイエット弁当は全メニューが1食400Kcal以下
タンパク質30g以上など全体の栄養バランスも考えられており
調理済みの食事が冷凍状態で温めるだけですぐに食べることが出来ます。

適切な運動はパーソナルで
食事はダイエット弁当で
身体のケアはコンディショニングでと
様々なアプローチをしていきますので
分からない事や体験トレーニングを体験してみたい方は
気軽にご相談ください。