タグ別アーカイブ: 食事管理

ミネラルについて

こんにちは!アイズトータルボディステーション姪浜院です。
今回は、ミネラルについて話していきます。

ミネラルとは?

ミネラルとは、身体を構成している元素のひとつであり、身体にとって重要な役割を担っている栄養素のひとつになります。

身体に必要不可欠な「必須ミネラル」には16種類のミネラルがあり、
その中で7種類の多量ミネラル9種類の微量ミネラルに分類されます。

多量ミネラルの種類と1日の摂取量の目安

多量ミネラルの1日の摂取量の目安として、100mg以上と言われており、
以下の7種類があります。

・ナトリウム・・・水分バランスの保持、筋肉の収縮、神経の情報伝達など

・カリウム・・・体液の浸透圧調整、筋肉の収縮、神経伝達の補助

・カルシウム・・・骨や歯の構成、血液凝固に関与、筋収縮の関与

・マグネシウム・・・血圧の調整、体内のほぼすべての酵素反応の関与など

・リン・・・核酸のリン脂質の構成、エネルギー代謝や貯蔵に関与など

・硫黄・・・髪の毛や皮膚、爪などのたんぱく質を合成

・塩素・・・体液の浸透圧の維持や消化をサポート

微量ミネラルの種類と1日の摂取量の目安

微量ミネラルの1日の摂取量の目安として、100mg未満と言われており、
以下の9種類があります。

・鉄・・・赤血球の一部として血液中の酸素を運搬

・亜鉛・・・酵素の構成や酵素反応の活性化、ホルモンの合成や分泌の調整など

・銅・・・酵素の構成や神経伝達物質の産生など

・マンガン・・・酵素の構成や骨や関節をつくる

・ヨウ素・・・甲状腺ホルモンの構成や成長促進など

・セレン・・・四肢の筋肉痛や筋力低下や爪の白色化など

・クロン・・・糖・脂質代謝の維持に関与

・モリブデン・・・酵素の構成や肝臓や腎臓で老廃物を分解する

・コバルト・・・ビタミンB21の構成や赤血球に含まれるヘモグロビンの生成など

以上のミネラルには、それぞれ役割があり、不足すると脱水症状、食欲不振、不整脈、骨粗鬆症などの症状が起こる可能性があります。

ミネラルを多く摂取できる食品

ミネラルを多く摂取できる食品には、グレープフルーツ、ヨーグルト、赤身の肉、ナッツ、野菜などがあるので、これらを食事の中に取り入れ、健康的な身体を目指していきましょう!!

質問やお問い合わせしたい方は、ぜひアイズトータルボディステーションへお気軽にお立ち寄りください。

ダイエットのメリット・デメリット

こんにちは!
アイズトータルボディステーション姪浜院です。

今回はダイエットのメリットとデメリットについて話していきます。
ダイエットすることによって

●見た目が変化する
●着たい服を着れるようになる
●健康的な生活習慣を身に着けることができる
●暴飲暴食をしないようになる

などのメリットがあります。
逆に過度な運動や食事制限によるストレスから暴飲暴食によるリバウンドが起こり健康状態が悪化するなどのデメリットも。。

まずはいきなりハードな運動や食事制限をするより、自分自身が継続できる頻度で運動や食事制限を行いましょう!
ダイエットについて知りたい方は、ぜひアイズトータルボディステーションへお越しください😊

【お知らせ】

8月の営業につきましては、毎週木曜日の店休日に加え、誠に勝手ながら13日(土)~15日(月)までの三日間お休みさせて頂きます。ご理解の程、宜しくお願い致します。その他の営業日については、通常営業になります。

 

ダイエットにオススメなのは?

連日、猛暑日が続くと、夏バテで食欲不振に
なったり、夏で肌が露出してくるのと同時に
ダイエットを頑張ろうとしている方が
沢山いらっしゃると思います。

ダイエットの為に炭水化物を抜いてダイエットをする方も
いらっしゃいますが
炭水化物を抜いてしまうと太る原因になってしまいます。

炭水化物とは糖質と食物繊維を合わせたものをいいます。
糖質は脂質とタンパク質と並ぶ三大栄養素で
人が活動するには欠かせません。

糖質を摂らないと体がエネルギー不足を感じて飢餓状態になります。
飢餓状態になると普段よりも脂肪を溜め込もうとして
太りやすくなり、体重のリバウンドを引き起こします。

さらに糖質は筋肉を動かすエネルギーとして使われ
不足すると筋肉が分解して体脂肪率が増えて、
体型を維持できなくなり、基礎代謝が落ちるので
痩せづらい体質の身体を作ってしまいがちです。

理想の体型に近づける為には
適切な運動を行いながら適切な食事を摂ることが大切です。

(何を食べていいか分からない)
(毎日、お弁当を作るのが面倒くさい)など
あるかと思いますが

現在、ダイエット弁当を5種類1セットを20%OFFで販売しております!
(今後、もう2種類増えます!)
アイズダイエット弁当は全メニューが1食400Kcal以下
タンパク質30g以上など全体の栄養バランスも考えられており
調理済みの食事が冷凍状態で温めるだけですぐに食べることが出来ます。

適切な運動はパーソナルで
食事はダイエット弁当で
身体のケアはコンディショニングでと
様々なアプローチをしていきますので
分からない事や体験トレーニングを体験してみたい方は
気軽にご相談ください。