湿布のメリット・デメリット


こんにちは!

アイズトータルボディステーション姪浜院です。

今回は、腰や肩など身体に痛みが出たときに使われる「湿布」。
湿布にはどのような効果や使い方があるのか話していきます。

湿布の役割

湿布には痛みを和らげる鎮痛剤を成分として配合した貼り薬になります。
患部に湿布を貼ることによって、鎮痛消炎成分が皮膚から患部へと吸収され、腫れや痛みを抑える作用が期待されます。

湿布を使用する注意点

湿布は打撲や捻挫、筋肉痛などにともなう炎症を抑える目的として使用されますが、炎症を抑え、痛みを和らげるものであり、根本的に治す効果は期待できません。
意外と多くの人が「湿布を貼っておけば治る」と思っているかもしれないですが、痛みが和らいで時間の経過とともに自然治癒で痛みがなくなるため、時間がかかる場合があります
湿布の中には粘着力が強いものもあり、剥がれにくいというメリットがありますが、肌に対する刺激が強いため、痒みやかぶれたりする可能性があるので注意が必要です。

根本的に治したい早く痛みをとりたい方!!

アイズトータルボディステーションでは、トレーニングだけではなく整骨院も併設されています。トレーニングする会員様も利用されますが、整骨院のみの利用も可能となっております。
症状がある方、身体の悩みがある方はお気軽に店舗でお声掛けいただくか、お電話にてお問合せください!
お待ちしております。

 

〇アイズトータルボディステーション姪浜

【住所】福岡市西区内浜1丁目7-3 ウエストコート   姪浜レジャービル1F

【営業時間】10時~22時 木曜:定休日

【駐車場完備】3時間無料

【電話番号】092-881-1880